第5回:エルガー/交響曲第2番変ホ長調Op.63

 <威風堂々>という行進曲はみなさんよくご存知だと思います。
 少しだけ正確に言えば、<威風堂々>と題された行進曲は全部で5曲あるのですが、普段僕たちがよく耳にするのはその第1番です。僕は学生時代に第4番をオーケストラで演奏したことがあるのですが(あ、第1番もありますよ)、曲の作りはともかくとして(行進曲ですから)、その中間部の旋律も第1番の有名なアレと似た感じがしたので、当時はついつい「パクリやん」と思ったものでした。
 さて、今日はその<威風堂々>の作曲家、エドワード・エルガー(1857〜1934)のことを。
 エルガーと言うとまずは<威風堂々>(の第1番)だったり<愛のあいさつ>、ということになってしまうのかも知れませんが、それぐらいと思っているとあまりにも勿体ない。2曲の交響曲や管弦楽のための変奏曲<エニグマ>、チェロ協奏曲などは明らかに傑作ですし、他にもまだまだ名曲と呼べる作品はあります。
 で、そんなエルガーの作品から交響曲第2番です。
 いきなり変な言い方をしますが、交響曲なのですがやっぱり<威風堂々>なのですよ。<威風堂々>でも何となく醸し出されている雰囲気がそのまま大きくなって、という意味です。ではその雰囲気とは? それは何よりも気品や品位の高さでしょう。エルガーは楽譜にしばしば「上品に」とか「気高く」という意味を持つ「nobilmente」という指示を書き込んでいます。これはあんまり他の作曲家には見当たらないことです。
 話は逸れますが、少しイメージしやすいかも知れないことを書きます。その昔NHKでイギリスのTV局が制作したシャーロック・ホームズのドラマが放送されていました。ホームズを演じたジェレミー・ブレットがとにかく素晴らしかったのをはじめ(声の吹き替えをやった露口茂も)、映像を見るとホームズの、そして原作者であるコナン・ドイルの生きた時代や当時のイギリスの人々はあんな感じだったのだろうなあ、と納得させてくれるようなものだったと思います。高潔な紳士であり、知的であり、ちょっと感傷的でもあるホームズ(ついでに言えば、彼はヴァイオリンを演奏します)。さて、ここで大事なのはドイルとエルガーは全く同時代人だったということです。今、ホームズについて書いたような雰囲気が、僕はエルガーや彼の音楽にものすごく通じているように思えてならないのです。
 エルガーの音楽からは懐古や感傷の空気も流れていますが、それはピンと背筋の伸びたきれいな姿勢を保ったまま醸し出されているように思います。そこは同じく同時代人だったグスタフ・マーラー(1860〜1911)の悩みもがくような音楽とは大きく異なる点です。とは言え、今の僕たちはどちらにも共感したって構わないと思います。
 曲の話からかなり遠くに行ってしまいましたが、しかし、作品全体から受ける雰囲気はここまで述べてきたようなことである程度お察しいただけるような気がします。ひとつ加えるとすれば、交響曲第2番は全体的に輝きを放ってはいますが、それは夕映えのようなものだと言うことです。第1番でも同じ雰囲気はありますが、第2番はもっと黄昏に近い感じと言っても良いかも知れません。
 3管の大きな編成のオーケストラが細やかに扱われ、その巧みさは本当に素晴らしいのですが、そこにエルガーの音楽の難しさがあるように思えます。オケががんばらないと聴きとり辛い部分も多そうですし、一方でただ鳴らしさえすれば、音を出し切りさえすればいい、というものでもないようなのです。そこで重要になるのがエルガーが「nobilmente」と書いたものをどう表現するか、です。
 ということで、僕の愛聴盤はイギリスの大指揮者、エードリアン・ボールト(1889〜1983)が1975年にロンドン・フィルと録音したもの(EMI/ワーナー)。ボールトも僕の好きな指揮者の一人ですが、彼のエルガー録音は別格的存在ではないでしょうか。この交響曲第2番の録音にしても、当時85か86歳の指揮者とは思えないぐらいの張りが全体にあるのと同時に、オケの響きの整理、テンポや音楽の流れの緩急の付け方が本当にドンピシャだと思います。f0306605_0232979.jpg
 僕はボールトのエルガーを学生の頃からコツコツ集めて来ましたが(国内盤がほとんど出なかったので、輸入盤で)、最近はドドンと19枚組のボックスも出ているようです。まあ、まずは単発ものからの方が良いとは思いますが。
[PR]
by ohayashi71 | 2013-12-27 00:23 | 本編 | Comments(0)


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

まあ、クラシック(的な音..
by ohayashi71 at 22:38
若林さんの「ガッツポーズ..
by がつん at 21:48
あー、あのboxですね。..
by ohayashi71 at 23:50
トータルブレインで紹介さ..
by はなやもも at 18:36

メモ帳

検索

画像一覧