第12回:メンデルスゾーン/弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20

 僕が初めてフェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディ(1809~47)の曲に触れたのは、多分多くの人もそうだろうと思うのですが、かの<ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64>でした。いわゆる「メンコン」ですね。子供の頃、僕が未だクラシックを好きになる前の時期ですが、何故か親がチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とのカップリングのLPを持っていたのです。それは今でも名盤だと思っていますが、アイザック・スターンとユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管(Sony)の演奏でした。ついでに言えば、昔らしくジャケットが冊子状になっていて、そこにメンデルスゾーンの協奏曲のスコアがくっついていました。スコアを眺めながら曲を聴く面白さはそのレコードから学んだように思います。
 さて「メンコン」はもちろん大名曲ですが、メンデルスゾーンは神童と呼ばれただけあって少年時代の作品であっても傑作がいくつもあります。大事なのは神童とか天才とか言い表した場合、その作品が単に「大人顔負け」という程度の完成度に留まるものではない、ということです。音楽で言えば形式や和声等が一定のルールの中で適切に扱われていることだけでは大して意味を持たないと思います。その程度は訓練の成果というだけであって、極端に言えば幼児が東海道線の駅を全部覚えているというレヴェル感とそうは変わらないのでは、ということです。
 技術的な熟練は当然のこととして、更にその上にどれだけの音空間や世界観を描き出すのか、あるいはどれだけのエモーショナルなものを盛り込めるか。恐らくそれは長く生きた大人の方が有利でもないし、子供には無理なことでもないのではないかと僕は思います。10代のモーツァルトや30代のベートーヴェンだから書けた曲もあれば、80代のヴェルディでないと書けない曲もあるはずです。
 そこでメンデルスゾーンのことに話を戻します。彼が<弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20>を書いたのは1825年ですから、彼が16歳の年に当たります。今で言えば高校1年生ですか。軽やかさや情熱的な語り口といったものは確かにメンデルスゾーンの音楽には晩年までずっと見られるものでしょうが、この曲にある若々しく清々しいムードは格別です。伸びやかで快活な第1楽章、それと対照的に穏やかさの中に翳りも含む第2楽章、そして恐らく彼の音楽の重要な側面である気品があってすばしこい軽やかさに満たされた第3楽章、技術と情熱とのバランスが絶妙な構成感の中で保たれている第4楽章というように、どの楽章を取っても本当に素晴らしい曲なのですよ、この八重奏曲は。
 多分僕がこの曲についていちばん聴いてきたのはイ・ムジチ合奏団の録音(Philips/ユニヴァーサル)でしょうか。でもこのディスクは今は入手しづらいかもしれません。あと、クリスティアン・テツラフ、イザベル・ファウスト、リサ・バティアシヴィリといったソリストたちのアンサンブルによる演奏(CAvi-music)は切り込みもシャープで、凄みすら感じさせてくれるもので、まあ今どきの演奏というやつでしょうね。f0306605_231099.jpgf0306605_215036.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-03-24 02:03 | 本編


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧