はしやすめ その2:アート・ブレイキー

 僕がジャズをちゃんと聴こうと思うようになったきっかけはデイヴ・ブルーベック(1920~2012)でした。彼の1959年のアルバム<Time Out>の収録曲<Take Five>と<Blue Rondo a la Turk>にゾッコンになったのでした。それはリズムに対する興味であり、変拍子に対する興味からで、その元を辿っていくと、僕がベラ・バルトーク(1881~1945)の音楽が好きだったからです。
 もちろん、美しいメロディや寛いだ雰囲気をジャズに求めるのもアリだとは思っていますが、僕はどちらかというとジャズには疾走感や衝動的なもの、粋な様子やカッコ良さを期待していることの方が多いようです。その意味でマイルス・デイヴィス(1926~91)の音楽は僕にとって最強です。とは言え、マイルスのような音楽だけがジャズではない、というのは当然のことで、他にも好きなプレイヤーは居ます。
 その一人がドラマーのアート・ブレイキー(1919~90)です。ジャズ・メッセンジャーズというグループを1940年代から長年に亘り率いて数々の名盤を世に送り出しましたし、またサイドメンとして他のプレイヤーのアルバムにもしばしば名を連ねています。単に活動歴が長いというだけでなく、実際に録音から半世紀近く経った今聴いても全く古めかしさを感じさせない素晴らしい演奏が多いので、いくつかに絞るのはなかなか難しいのですが、まあいつものように僕の愛聴盤ということで。
 多分アート・ブレイキーのアルバムでいちばん有名なのは<Moanin>(1958)(Blue Note/ワーナー)なのでしょうが、正直なところ僕はそれはそんなに聴いていませんね、嫌いじゃないですけど。それよりも断然聴いているのは<Mosaic>(1961)(Blue Note/ワーナー)<Indestructible>(1964)(Blue Note/ワーナー)ですね。ブレイキー以外の共通のメンバーはシダー・ウォルトン(ピアノ)、ウェイン・ショーター(テナー・サックス)、カーティス・フラー(トロンボーン)で、更には前者にはフレディ・ハバード(トランペット)とジミー・メリット(ベース)、後者にはリー・モーガン(トランペット)とレジー・ワークマン(ベース)が参加しています。いずれ劣らぬ名プレイヤーぞろい。その中で僕はリー・モーガンが大好きで、と始めてしまうと話がよそに行きそうなので今日はその程度に。
 <Mosaic>にしても<Indestructible>にしても、収録曲は確か全てメンバーの作曲によるもので、ブレイキー名義の曲は無かったはずです。しかし、旋律楽器でもないドラムの存在感は凄いですよ。ドラムはもちろんリズム楽器の一つとして、リズムやテンポをキープする役割があって、当然それはきっちりなのですが、その役割を果たしながら放り込んでくるドラムの音色と響きの多彩さ、そしてフロント陣を鼓舞し、煽り立てるような叩きっぷりは聴いていて興奮させられます。当時のドラムセットは現在のそれと比べると簡単な作りだったと思いますが、しかしその限られたセット内容でいかに変化に富んだリズムを打ち出していたことか。そういうことが手っ取り早く分かるのは<Mosaic>で言えば1曲目のタイトル曲でしょう。
 今挙げた2枚はジャズとしてはオーソドックスなスタイルのものですが、そうでないかたちの愛聴盤を。それはほぼ打楽器アンサンブルとも言える編成で録った<The African Beat>(1962)(Blue Note/ワーナー)です。ブレイキーはアフリカの民族音楽にも関心を持っており、それをジャズのイディオムの中で発展させるような表現への欲求を持っていたようです。そのためラテン系の楽器も組み合わせながら、その手のアルバムをBlue Noteに全部で4枚分遺しています。近年のように「ワールドミュージック」という概念が薄い頃の話なので、まあ売れ線ではなかったようですが、却って今聴くととても面白い作品だと思います。<The African Beat>はその最終作に当たりますが、その中で僕がいちばん好きなのは第3曲の<Love, The Mystery of>です。このアルバムの中で最も民族的な色合いが濃い、つまり普通のジャズ的なムードからいちばん遠い曲です。そして周りの打楽器陣と呪術的な謡い、更に何故か加わっているオーボエなどに逆に煽られてのブレイキーの壮絶な叩きっぷりは最高です。この1曲だけでも本当に聴く価値アリだと僕は思っています。
(左から<Mosaic><Indestructible><The Africa Beat>)
f0306605_1542894.jpgf0306605_15455100.jpgf0306605_155940.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-06-27 01:58 | はしやすめ | Comments(0)


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

まあ、クラシック(的な音..
by ohayashi71 at 22:38
若林さんの「ガッツポーズ..
by がつん at 21:48
あー、あのboxですね。..
by ohayashi71 at 23:50
トータルブレインで紹介さ..
by はなやもも at 18:36

メモ帳

検索

画像一覧