第24回:早坂文雄/映画<羅生門>の音楽

 黒澤明(1910~98)と言えば日本を代表する映画監督ですが、彼は自分の作品の中での音楽にもかなりこだわりを持っていたそうです。そのため音楽を担当した作曲家とケンカ別れ、ということもありました。<どですかでん>と<乱>を手がけた武満徹(1930~96)がそうですし、<どん底>や<用心棒>、<椿三十郎>、<赤ひげ>といった1950年代から60年代にかけての黒澤映画の音楽を担当した佐藤勝(1928~99)も<影武者>の制作時に考えの違いから降板しています。
 黒澤のこだわり、と最初に書きましたが、彼の音楽についての注文は「この場面には○○風の曲を付けてほしい」という言い方だったようです。因みに○○の部分には作曲家名や楽曲名が具体的に入るのです。この「○○風」というのが面倒なところで、だったらそのまま○○でいいじゃないか、と相手は普通思うはずなのですが、黒澤はあくまでもそのものではなくて「○○風」と言って押してくるとのこと。そりゃあケンカするはずです。
 さて、佐藤勝よりも前の時期、即ち1940年代から50年代にかけて黒澤映画の音楽を何作も手がけた作曲家が居ます。それが早坂文雄(1914~55)です。早坂は<ゴジラ>で有名な伊福部昭(1914~2006)と共に活動をしたこともありますが、僕にとっては清瀬保二(1900~81/宇佐市出身)や武満との繫がりの方が重要だったりします。まあその辺りの話は長くなるので今日は省略。
 早坂は若いうちに亡くなっていますが、彼は1930年代から50年代の日本の作曲界をリードしただけでなく、映画音楽の分野でも大きな足跡を遺しました。溝口健二や成瀬巳喜男など往年の巨匠監督とも組んでいますが、やはり黒澤とのコンビが最も重要なのではないでしょうか。二人は1948年の<酔いどれ天使>から55年の<生きものの記録>まで全部で8作で組んでいますが、音楽という点から言えばまずは<七人の侍>と<羅生門>だと思います。
 特に<羅生門>。芥川龍之介の<藪の中>を下敷きとして、1950年に三船敏郎、森雅之、京マチ子、志村喬などの出演により制作・公開されたこの作品は、日本国内での評価はいまいちでしたが、翌年のヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞やアカデミー賞の名誉賞(外国語映画賞)などを受賞するなど、国際的に圧倒的な評価を得て「世界のクロサワ」への第一歩としての作品ともなりました。
 そして早坂の音楽。上にも書いたとおり、黒澤はここでもいろいろな注文を早坂に出したようですが、最も重要な場面である真砂(京マチ子)の証言の場面で、彼は「ボレロ風の音楽を」と言ったようです。このボレロはラヴェルの<ボレロ>のことです。証言しながら煩悶が高まっていく真砂の様子を強調する、あるいは象徴する演出効果の一部としての音楽は「ボレロ風」であるべき、と黒澤は考えたのでしょうか。
 恐らくそういった意向を受けての早坂による「ボレロ風」の音楽。場面の時間にして約10分。ラヴェルが繰り返しの中で描いた熱狂とは異なり、怨みや悲しみや憤りといったドロドロとした表情すら浮き上がってきそうなぐらいの情念のボレロだと思えてきます。普通のオーケストラよりも制約のある楽器編成で書かれているようですが、明るく華麗な響きを求めない曲調的にはそれで十分だったのかも知れません。日本的な、アジア的な湿度の高いボレロ。僕は好きですねえ。
 DVDを観ていると、当時の録音状態の貧しさも手伝って、どうしても京マチ子をはじめとする役者陣の演技の方がより強く印象に残る場面かも知れませんが、ぜひ音楽にも注意を払ってください。もちろん、その場面以外にも冒頭や最後に現われる雅楽風の響きや、真砂の妖しい美しさを表すような音楽など全編を通じて聴きどころも多い映画だと思います。
 ということで<羅生門>の音楽を聴くとすれば映画のDVDをまずは挙げるべきなのでしょうが、この音楽の充実ぶりから管弦楽のための組曲風に扱ったCDも出ています。僕が最初に買ったのは佐藤勝(彼は早坂の弟子でもありました)が指揮したCD(<七人の侍>の音楽との組合せ)でしたが、これは今は廃盤のようです。そして僕の愛聴盤は、原作者・芥川龍之介の三男でもある芥川也寸志の指揮、新交響楽団の演奏による早坂文雄の作品集(フォンテック)。ライブ録音であることやもともとのオケのレヴェル(アマチュアとしてはハイレヴェルなのですが)といった弱点はあるにせよ、情念の高まりを感じさせてくれる演奏だと僕は思っています。更にこのCDには<羅生門>の他にも<管弦楽のための変容>という大傑作も含まれています。また現行盤は山田一雄の指揮で早坂の遺作となった交響組曲<ユーカラ>と組み合わせた2枚組のセットになっているようです。
f0306605_23394116.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-07-20 23:39 | 本編


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧