第31回:シュミット/交響曲第4番ハ長調

 まだここでは取り上げていませんが、僕にとってアントン・ブルックナー(1824~96)の交響曲はとても大事な存在です。人生の上で、と言ってよいぐらい、にです。中学から高校の数年間は、毎日ブルックナーの交響曲のどれかのどこかの楽章を必ず聴いていました。その後、大学、社会人と年を経て、いろいろな作曲家の音楽を聴いて「あれもこれも」と思うようにはなりましたが、今でもブルックナーは別格であることには変わりありません。
 さて、その昔僕がまだ<レコード芸術>などという雑誌を購読していた時代だから高校生の頃だったのでしょうか、ブルックナーやグスタフ・マーラー(1860~1911)の交響曲の流れに繋がる作品としてフランツ・シュミット(1874~1939)というオーストリアの作曲家の<交響曲第4番ハ長調>について書かれている一文に出会いました。前田昭雄さんという音楽学者が書いたウィーン在住時代の思い出などを交えたエッセイのような文章で、その中でシュミットの<交響曲第4番>が出てきたのです。正確な表現は覚えていませんが、ウィーンの街を歩いている時に、ふとシュミットの交響曲の冒頭のトランペットの旋律が聞こえてくるようでちょっとした寒々しさを感じた、というようなことでなかったかと思います。
 シュミットはブルックナーがウィーンで教えた直接の弟子にあたる人物であり、マーラーがウィーン国立歌劇場の指揮者を務めていた時代にオーケストラでチェロ奏者を務めていたそうです。ドイツ後期ロマン派の時代にどっぷり生きた人物と言えるでしょう。そんなシュミットに、ブルックナー好きの僕は当然のように飛びつきました。
 前述の前田さんの文章の記憶があるうちのはずなので、僕は多分大学生の頃にはシュミットのこの交響曲のCDを手にしていました。それはズービン・メータ指揮のウィーン・フィルの演奏による1971年録音のもの(Decca/ユニヴァーサル)で、前田さんが挙げていたものもそれだったはずです。
 まず曲は大きく4つの部分に分けられますが、45分強の間、切れ目なく続きます。その冒頭が問題のトランペットです。アレグロ・モデラートのテンポで、22小節もの間完全にトランペット1本だけで旋律を吹き続けるのです。しかも、その旋律は虚ろで焦点の定まらない感じで半音階的に動きます。なるほど、これが19世紀末の風情を残す古色蒼然とした街並みの中で聞こえてくるのであれば、確かに哀しみを湛えた寒々しさが滲み出てくるように思います。
 そのトランペットの流れは全管弦楽に広まってやがて落ち着くと、今度は深い溜息にも似た旋律が現われます。最初の部分はこれら2つの旋律で息の長い音楽として進められます。第2の部分は更に憂いや悲しみの色合いが増し、絶望的で重々しい葬送のような感じになっていきます。第3の部分は、そこから一転して動きのあるスケルツォのような音楽ですが、あのトランペットの旋律も聴こえてきます。頂点に達したところで音楽は崩落し、最終部分として第1の部分が再帰してきます。最後は静かな弦の響きの上にまたトランペットが冒頭と同じ旋律を吹いて、静けさの中に帰って行きます。
 シュミットがこの交響曲を手がけたきっかけは一人娘に先立たれたためだったそうで、曲は1933年に完成されました。個人的な追悼としての音楽ではあるのかも知れませんが、僕はこの曲はもっと普遍的なレヴェルでの哀しみ、あるいは深い黄昏の色合いをも表した傑作であろうと思っています。因みに、シュミットの他の交響曲も知らない訳ではありませんが、正直なところ、第4番ほどの大きな存在ではないように思います。第4番の突出ぶりが異様なのです。
 さて、ディスク。そう多くはありませんが、やはりメータ/ウィーン・フィルは出色。音楽の大きなうねりが実に感動的なのですが、これはブルックナーやマーラーの名演を数多く聴かせてくれるウィーン・フィルだからこその演奏でしょう。ただし、今はCDでは入手しづらいかも知れませんが、i TunesとかAmazonのMP3であればいけるようです。
 その他に挙げておくとすれば、ヤコフ・クライツベルク指揮のオランダ・フィル(Penta Tone)とか。

f0306605_0404569.jpg(メータ盤)
 
[PR]
by ohayashi71 | 2014-12-01 00:41 | 本編


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧