第35回:ヴェルディ/歌劇<椿姫>

 僕が初めて買ったオペラのレコードはヴェルディの<椿姫>でした。中古LPでしたけれど。そして多分中学2年生か3年生の頃のこと。
 なんで<椿姫>だったのか。正直なところ理由は覚えていないのですが、有名な「乾杯の歌」が気に入っていたのかもしれません。華やかですし。とは言え、当時いくらブルックナーやマーラーの交響曲に少し親しんでいたにしても、2時間じっくりと、しかも英語ですらよく分からないのにイタリア語の歌唱だし、そもそも恋愛感情すらしっかりしていない中学生のガキに大人の人生の機微など分かるはずもなく。つまり、よく楽しむことが出来なかった。
 その後、高校1年の時の音楽の授業で映画仕立てになっていた<椿姫>を見せられても、やっぱりよく分からないままでした。因みにその時の音楽の先生は、今や国際的に活躍されている歌手の波多野睦美さんでした(波多野先生に教わったことは僕の自慢のひとつ。でもまあ僕は「不肖の弟子」みたいなものですが)。
 僕は学生時代を通じてオペラにはとうとうハマらないまま社会人になったのですが、最初の勤務先のホールであったモーツァルトのオペラの上演に関わってみて、ようやくオペラの面白さに気付くようになりました。それでもイタリア・オペラにはピンと来なかった。イタリア・オペラはオペラの王道なのでしょうが、そこに物語の筋についてガチのリアリズムを求めていたのです。メロドラマなんてもってのほか、ぐらいの勢いでしたから。だから当時向き合ってもいいなあ、と思っていたのはヤナーチェクの諸作だったりベルクの<ヴォツェック>ぐらいでしたかねえ。それはそれで非常に浅い捉え方だったし、偏ったものの考え方だったと思っています。
 それからまた年月が流れてみて、僕もそれなりに歳をとってきて、もちろんオペラ公演にも多少は接してみて、ようやくいろいろなオペラを楽しめるぐらいの心もちになってきました。
 そうなってみて改めて<椿姫>を眺めてみると、恋愛もの、特に悲恋もののオペラ作品として最高峰に位置付けていいんじゃないか、ぐらいに今は感じています。子供の頃には分からなかった、見えなかった、聴くことのできなかったもの、歌に載せて表される登場人物たちの心理描写の鮮やかなこと。3つの幕のどれもが無駄の無い素晴らしい進行だと思いますが、例えば第1幕。前奏曲、ヴィオレッタに紹介されるアルフレード、「乾杯の歌」、アルフレードの告白、一人になったヴィオレッタの心の乱れ、そして1幕最後の「ああ、そはかの人か」、「花から花へ」と、次から次へと「いい場面」が続いていくのです。
 さてディスク。<椿姫>に限らないことですが、主要な登場人物たちを歌う歌手も大事ですし、進行役を司る指揮者も大事。実際の公演のライヴ録音の方がより緊迫感はあるかも知れませんが、古いものは録音状態が気になりますし。そういった意味ではもろもろの条件について自分なりの納得できるラインを設定することになるのでしょうが、それも当然聴き手それぞれということで。
 実は僕がいちばん最初に買ったレコードはアントニーノ・ヴォットー指揮のミラノ・スカラ座、1962年録音のもの(DG)でした。ヴィオレッタがレナータ・スコット、アルフレードがジャンニ・ライモンディ、その父ジェルモンがエットーレ・バスティアニーニという配役。改めて聴いてみるとこの3人の立派なこと。録音当時28歳だったスコットの若々しい声は少し硬いものだったかも知れませんが、「花から花へ」なんかは完璧とも言えるぐらいの圧倒的な歌いっぷりだと思います。スコットは1980年にリッカルド・ムーティ指揮のフィルハーモニア管盤(EMI/ワーナー)でもヴィオレッタを歌っており、それはそれで優れていると思いますが、ちょっと風格があり過ぎるかなあと。
 マリア・カラスがヴィオレッタを歌ったディスクもいろいろと出ていますが、残念なのは大概録音状態がそんなにはよろしくないですね。僕が聴いているのはカルロ・マリア・ジュリーニがスカラ座を振った1955年のライヴ録音(EMI/ワーナー)。カラスの他に、ジュゼッペ・ディ・ステファノがアルフレード、バスティアニーニがジェルモンを歌っています。録音状態はともかく、ライヴならではの熱は凄いと思います。
 指揮、という点ではカルロス・クライバーとバイエルン国立管の1977年盤(DG/ユニヴァーサル)でしょう。ヴィオレッタのイレアナ・コトルバシュが可憐すぎるような気もしますが、アルフレードのプラシド・ドミンゴは素晴らしいですし、何よりもクライバーのニュアンス付けとドラマの流れ作りの巧みさは抜群です。
 他にもいろいろなディスクがありますが、今回はひとまずこの3つということで。
f0306605_0261787.jpgf0306605_0263387.jpgf0306605_0264971.jpg
(左からヴォットー盤、ジュリーニ盤、クライバー盤)
[PR]
by ohayashi71 | 2015-03-03 00:28 | 本編 | Comments(0)


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

まあ、クラシック(的な音..
by ohayashi71 at 22:38
若林さんの「ガッツポーズ..
by がつん at 21:48
あー、あのboxですね。..
by ohayashi71 at 23:50
トータルブレインで紹介さ..
by はなやもも at 18:36

メモ帳

検索

画像一覧