第40回:バーバー/ヴァイオリン協奏曲 作品14


 サミュエル・バーバー(191081)というとまずは<弦楽のためのアダージョ>でしょうか。単に美しいだけでなく、悲愴美と言い表した方が良い音楽が次第に高まり、いちばん空気が張り詰め切った瞬間に訪れる静寂、そして余韻を漂わせながら静かに閉じられる音楽。ここにあるのは耽美や甘さではなくて、透徹した美に貫かれた抒情というべきものでしょう。この類の抒情性こそ、新しいロマン主義と呼ぶべきものかもしれません。その新しさは僕たちも同時代人として理解、あるいは共感出来るものだろうと思います。だからこそ、この<アダージョ>は20世紀生まれの音楽(1930年代)としては人気や知名度が高いのでしょう。

 僕にとっての「初バーバー」はやはり<アダージョ>でした。で、ひとまずバーバーはこの1曲だけでも良いのかな、と思っていたら大間違いでした。次に知ったのはソプラノと管弦楽のための<ノックスヴィル・1915年の夏>という作品でした。上述した透徹美の抒情は共通していると思いますが、今度は、まあ歌曲であるだけにというのはあるにせよ、ノスタルジックな雰囲気がそこに加わっており、その何とも言えない空気感が素敵だったのです。湿度は高くない爽やかな空気、という感じでしょうか。

 僕は<アダージョ>と<ノックスヴィル>が収録されたCDを大学2回生の頃に見つけて購入しましたが、それは今でもお気に入りの1枚です。それはリチャード・ヒコックス指揮のシティ・オブ・ロンドン・シンフォニアの演奏で、<ノックスヴィル>ではジル・ゴメスが加わっているものです(Virgin)。因みにこのCDの他の収録曲は、コープランドの<アパラチアの春>のオリジナル編成の13楽器による版(現在よく聴かれているのは後に拡大された管弦楽版)とトランペットとイングリッシュ・ホルンと弦楽合奏のための<静かな都会>、ガーシュウィンの<ラプソディ・イン・ブルー>(ピアノはウェイン・マーシャルで、こちらも小編成版)という感じで、今考えてもとてもオイシイ内容だったと思います。ところが、このCD、現在は入手困難らしく、非常に残念なことです。

 さて、その次に知ったバーバー作品が<ヴァイオリン協奏曲>でした。これはとある演奏会で聴いたのが最初で、それからだいぶ経ってからアイザック・スターンのソロとレナード・バーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルの録音(Sonyを聴くようになってから名曲だと思うようになりました。

抒情性の豊かさについてはこれもまた同様ですが、ヴァイオリン協奏曲であるからには当然にしても、清冽な水の流れのようなメロディの数々もとても魅力的でした。

 第1楽章の冒頭から直ぐにソロ・ヴァイオリンが歌うように主題を奏でるのですが、それは大見得を切ったり、華々しくテクニックを披露するような感じからは程遠いものです。その分、独特な、結局のところさっきからずっと繰り返し書いている抒情的な世界が拡がります。この後に出てくるクラリネットで出てくる主題はリズミックな動きも見せますが、最初の主題の雰囲気を受け継ぐものでもあるように思えます。第1楽章はこの2つの主題によるソナタ形式で書かれていますが、決して奇を衒うような表現は現われません。

 アンダンテの第2楽章にしても表現上のヤマは存在しますが、どちらかと言うとつつましいものだと僕は思います。もちろん、そのつつましさの中にも確かな美が込められているとも思っています。

 この2つの楽章から一変して最後の第3楽章は実に動きの激しい楽章です。ソロの切れ味たっぷりの無窮動ぶりが鮮やかな音楽です。バーバーは抒情の裏返しのごとく、こういうテクニカルな音楽を急に(当然聴き手の側からすると、という意味で)持ってくることがありますが、ヴァイオリン協奏曲もその一例。各楽章の規模からするとアンバランスさはあるかも知れませんが、音楽の流れとしての対比を示すことでひとつの世界と看做す、というのはやはり面白いと思います。バーバーがこの協奏曲を作曲したのは1939年ということですから、ベルク(1935年)、プロコフィエフの第2番(1935年)、バルトークの第2番(1938年)、ヒンデミット(1939年)、ウォルトン(1939年)、ハチャトゥリアン(1940年)といったヴァイオリン協奏曲の名作と同時期に生まれたことになる訳ですが、それらと並べてみても結構特異な立ち位置にあるのではないでしょうか。

 ディスク。上述したとおり、僕はスターン/バーンスタイン盤をずっと聴いてきましたが、以前よりも若い世代のヴァイオリニストの録音が増えてきているようで、その中ではとりわけヒラリー・ハーンのソロとヒュー・ウォルフ指揮のセントポール室内管による1999年の録音(Sonyが素晴らしいと思います。あまりに抒情性に身を委ね過ぎることのない、ほど良い佇まいと、そして第3楽章で見せる圧倒的なテクニック(僕が聴いた中では最もテンポが速いかも)。

 もしバーバーの音楽について<アダージョ>しか知らないという方、次はぜひこの<ヴァイオリン協奏曲>を。


f0306605_1204223.jpgf0306605_1212928.jpg
(ハーン盤とスターン盤)
[PR]
by ohayashi71 | 2015-08-05 01:17 | 本編 | Comments(0)


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

まあ、クラシック(的な音..
by ohayashi71 at 22:38
若林さんの「ガッツポーズ..
by がつん at 21:48
あー、あのboxですね。..
by ohayashi71 at 23:50
トータルブレインで紹介さ..
by はなやもも at 18:36

メモ帳

検索

画像一覧