はしやすめ その4:フェラ・クティ

 先日、久しぶりに映画館で映画を観ました。ジェイムズ・ブラウン(JB)を主人公にした映画で、大体伝記的なものでした。脚色も入っていたようなので、それは多少差し引くにしても面白く観ました。実は僕はJBの音楽は結構好きで、アルバムも10数枚ぐらいは持っていると思います。彼の膨大な録音歴からするとごく僅かですけれど。で、その中でも最も愛聴しているのは1960年代末から70年代前半にかけての頃のアルバムです。ちょうどJBが<セックスマシーン>とかを歌っていた頃ですね。この時代の彼の音楽はファンクと呼ばれていますが、一糸の乱れも無くバンドが同じフレーズ(ほぼリズムと同義と言って良いと思います)を繰り返す上に、JBの熱狂的なヴォーカルがかぶさってくるもの、という言い方でおおよそ説明が付くはずです。もし、機会があれば<Love Power Peace>と題された1971年パリでのライヴ・アルバムを聴いてみてください。バンドと一体となったJB(と相方のボビー・バード)の凄まじいパフォーマンスは、黒人解放運動やベトナム戦争反対の空気を生み出していた時代の熱気に後押しされたものでもあり、恐らく同じようなオーラを再現することはもはや難しいのではないかと思います。
 さて、ここからようやく本題。
 JBの表現は猥雑さも交えつつの社会批評でもあった側面があると僕は思っていますが、そんなJBに影響を受け、更に自分の直面した不条理な社会の問題に真正面からぶつかっていったのがナイジェリアのミュージシャン、フェラ・クティ(1938~97)です。フェラは自分の音楽をアフロビートと呼びました。それはJBのファンクに民俗音楽(JBだってアフリカ的でしょうが、フェラの場合、更に土着の、という意味で)やジャズの要素を加えたもので、結果こんな音楽になりました。ある種粘着的なリズム・パターンがバンドによって延々と繰り返され、そこにフェラが吹くサックスやキーボードが即興的に、攻撃的に絡みます。それがずっと続きます。しかし、実はこれは後に続く歌の前奏に過ぎません。曲によっては10分以上この状態が続くのです。こうして場の熱が十分に高まったところで、ようやくフェラの歌が始まります。
 彼がしばしばテーマとしたのは当時軍事政権の抑圧化にあったナイジェリアの状況や欧米文明がもたらした社会の歪みであり、それらに対する痛烈な批判や皮肉、反抗的な姿勢でした。そのためフェラは長年にわたり公権力との闘争を続けました。彼の私生活には確かに脱法的と捉えられるような行為もありましたが、公権力はそれ以上に彼の反抗的な音楽表現を恐れました。不当逮捕、収監が何度も行われただけでなく、軍隊による襲撃まで彼に対し公然と行われたのですから(フェラ自身がけがをしただけでなく、彼の母親はこの時の傷が元で死に至りました)、余程のことだと捉えるべきでしょう。
 それでも彼は1980年代の初頭まではこの不屈の姿勢を貫きました。それ以降は宗教的色合いを過度に強めたために、その分音楽的な強度が失われたと言われることもあるそうです。フェラもまた多数の録音を遺しており、僕が知っているのはやはりその一部でしかありませんが、結局最も凄みや熱を感じさせてくれる1970年代の作品が面白いのではないかと思います。
 例えば、軽快なテンポの音楽の中で軍隊をゾンビになぞらえて歌った<ゾンビー(Zombie)>(1976)、投獄経験を歌った<アラグボン・クローズ(Alagbon Close)>(1974)、上述した軍隊による襲撃事件をテーマにした<カラクタ・ショー(Kalakta Show)>(1976)等々。
 カップリングが変わったり廃盤だったりと、いろいろ聴こうと思ってもなかなか面倒な感じはありますが、輸入盤、国内盤、新品、中古、配信、更にベスト盤のいずれを問わず、フェラ・クティという名前にピンと来たらぜひ手を出していただければなあと思います。歌詞はともかくにしても、腰でリズムをついつい取ってしまいたくなるような音楽としての魅力は間違いなくあると思いますので。
f0306605_0271615.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2015-08-15 00:29 | はしやすめ


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧