<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第12回:メンデルスゾーン/弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20

 僕が初めてフェリックス・メンデルスゾーン=バルトルディ(1809~47)の曲に触れたのは、多分多くの人もそうだろうと思うのですが、かの<ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64>でした。いわゆる「メンコン」ですね。子供の頃、僕が未だクラシックを好きになる前の時期ですが、何故か親がチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とのカップリングのLPを持っていたのです。それは今でも名盤だと思っていますが、アイザック・スターンとユージン・オーマンディ/フィラデルフィア管(Sony)の演奏でした。ついでに言えば、昔らしくジャケットが冊子状になっていて、そこにメンデルスゾーンの協奏曲のスコアがくっついていました。スコアを眺めながら曲を聴く面白さはそのレコードから学んだように思います。
 さて「メンコン」はもちろん大名曲ですが、メンデルスゾーンは神童と呼ばれただけあって少年時代の作品であっても傑作がいくつもあります。大事なのは神童とか天才とか言い表した場合、その作品が単に「大人顔負け」という程度の完成度に留まるものではない、ということです。音楽で言えば形式や和声等が一定のルールの中で適切に扱われていることだけでは大して意味を持たないと思います。その程度は訓練の成果というだけであって、極端に言えば幼児が東海道線の駅を全部覚えているというレヴェル感とそうは変わらないのでは、ということです。
 技術的な熟練は当然のこととして、更にその上にどれだけの音空間や世界観を描き出すのか、あるいはどれだけのエモーショナルなものを盛り込めるか。恐らくそれは長く生きた大人の方が有利でもないし、子供には無理なことでもないのではないかと僕は思います。10代のモーツァルトや30代のベートーヴェンだから書けた曲もあれば、80代のヴェルディでないと書けない曲もあるはずです。
 そこでメンデルスゾーンのことに話を戻します。彼が<弦楽八重奏曲 変ホ長調 Op.20>を書いたのは1825年ですから、彼が16歳の年に当たります。今で言えば高校1年生ですか。軽やかさや情熱的な語り口といったものは確かにメンデルスゾーンの音楽には晩年までずっと見られるものでしょうが、この曲にある若々しく清々しいムードは格別です。伸びやかで快活な第1楽章、それと対照的に穏やかさの中に翳りも含む第2楽章、そして恐らく彼の音楽の重要な側面である気品があってすばしこい軽やかさに満たされた第3楽章、技術と情熱とのバランスが絶妙な構成感の中で保たれている第4楽章というように、どの楽章を取っても本当に素晴らしい曲なのですよ、この八重奏曲は。
 多分僕がこの曲についていちばん聴いてきたのはイ・ムジチ合奏団の録音(Philips/ユニヴァーサル)でしょうか。でもこのディスクは今は入手しづらいかもしれません。あと、クリスティアン・テツラフ、イザベル・ファウスト、リサ・バティアシヴィリといったソリストたちのアンサンブルによる演奏(CAvi-music)は切り込みもシャープで、凄みすら感じさせてくれるもので、まあ今どきの演奏というやつでしょうね。f0306605_231099.jpgf0306605_215036.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-03-24 02:03 | 本編

第11回:ペルト/スターバト・マーテル

 アルヴォ・ペルト(1935~)はバルト3国のひとつ、エストニア出身の作曲家です。
 僕が彼の音楽に初めて触れたのは1988年だったはずです。ある日NHKのFMを聴いていると、それまで耳にしたことのない響きが聞こえてきました。何人かの歌い手とやはりいくつかの弦楽器だけで演奏されているその曲は、美しく、寡黙で厳しささえ覚えるものでした。静けさに圧倒される、という経験はまだ高校3年生だった僕にしてみると衝撃的なものでした。曲が終わってからの紹介コメントを聞くと、それがペルトの<スターバト・マーテル>という曲で、ギドン・クレーメルたちの演奏だったことを知りました。どうやら、ちょうどその<スターバト・マーテル>を収録した国内盤CDが発売されて間もない頃だったようで、何らか話題になっていたのかもしれません。
 それから多分数ヶ月も経たないうちに、僕は受験旅行で東京方面に行くことになりました。もちろん本題は試験なのですが、白状すると人生二度目の東京行き(一回目は前年の修学旅行)に少々浮かれていたところもありました。試験が終わると僕は秋葉原のレコード店(今はなき石丸電気)に行って何かを買って帰ることにしました。
 そこで選んだのが<スターバト・マーテル>が収録されたペルトの作品集のアルバム<アルボス(ARBOS)>でした。
 <スターバト・マーテル>の他にそれ程長くはない作品が7曲収録されており、金管合奏やオルガン独奏、少人数のアンサンブルによる声楽曲などがあったのですが、そのどれもが大きく言えばある色合いに貫かれているように思えました。それはワンパターンという意味ではなく、上述したような寡黙の美と捉えた方が良いでしょう。
 後から知ったことですが、ペルトの音楽の評価を高めたのは、<アルボス>の前に出された<タブラ・ラサ(Tabula Rasa)>というアルバムが出てからのことで、それら2枚のアルバムを制作したのはECMというレコード・レーベルでした。ECMはジャズ好きな方には有名なレーベルで、特にピアニスト、キース・ジャレットのアルバムを数多く制作していることでも知られていると思います。で、そのプロデューサーはマンフレート・アイヒャーという人物で、彼がECMを始めたのですが、その設立当初のモットーとしては「沈黙の次に美しい音」を世に送り出すというものだったそうです。設立から15年間はほぼジャズ(確か民族音楽に近い音楽も紹介していたと思いますが)のレコードを作っていたECMが「NEW Series」として出したものがペルトの<タブラ・ラサ>でした。因みに<タブラ・ラサ>にはキース・ジャレットとクレーメルが共演した<フラトレス>という作品も収録されています。
 そういう流れで眺めると、ペルトの音楽が何故ECMから紹介されたがよく理解できます。「沈黙の次に美しい音」。ペルトの音楽に相応しい言葉だと思います。
 さて、既に日付が変わっていますが、今日は3月11日でした。その意味を込めて、ペルトの<スターバト・マーテル(悲しみの聖母)>をご紹介しました。いくつか録音はあるようですが、やはりクレーメルたちによるECM盤でしょうか。f0306605_1245166.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-03-12 01:25 | 本編

はしやすめ その1:アントニオ・カルロス・ジョビン

 10回ばかりクラシックのことをずっと書いたので、この辺でちょっとはしやすめということに。

 <イパネマの娘(Garota de Ipanema)>という曲は皆さんご存知ですね。曲名は知らなくてもメロディは何処かで耳にしたことがあるのでは。で、その曲の作曲者がアントニオ・カルロス・ジョビン(1927~94)です。ジョビンは本当に数多くの名曲を世に送り出しました。
 <デサフィナード(Desafinado)>、<想いあふれて(Chaga de Saudate)>、<ワンノート・サンバ(Samba de Uma Nota So)>、<おいしい水(Agua de Beber)>などなど、まだこれでも代表曲のほんの一部でしょう。ジョビン自身の歌を収録したアルバムもありますが、ジョアン・ジルベルトやナラ・レオン、アストラッド・ジルベルト、あるいはセルジオ・メンデスなどがカヴァーしたヴァージョンでご存知の方も多いでしょう。
 上に挙げた曲はほぼボサノバというジャンルに属する音楽とされているのですが、ここで勘違いしてをいけないのはジョビンはずっとボサノバ的な音楽ばかりを書いた訳ではないということです。
 その意味で、僕が大好きなジョビンのアルバムを今回はご紹介したいと思います。
 ジョビンの音楽はポピュラー歌謡というジャンルの中だけで捉えるべきではなくて、ジャズやクラシックにも繋がる要素があり、それだけの奥行きも備えた大きな存在だと思います。極端なことを言えば、彼の音楽そのものがひとつのジャンルであるとも僕には思えるのです。
 ということで、僕のイチオシは1976年のアルバム<Urubu>(Warner)です。
 本音を言えば1曲目の<O Boto>だけでも僕はOKなぐらい。冒頭にビリンバウというブラジルの民族楽器がビヨヨ~ンと鳴り響くので、一瞬引いてしまうかも知れませんが、その後に来るオーボエの音色でパッと幕が開いて、いい感じのテンポでリズムが刻まれた後にジョビンとミウシャという女性の歌手の歌声が乗っかってきます。2人の歌はユニゾンになったりハモったりするのですが、まあ特にジョビンの声の味わいと言ったら。
 そして、歌を包むバックのオーケストレーションの見事さ。アレンジはクラウス・オガーマンという人によるものですが、彼も素晴らしい仕事をたくさんした音楽家です。因みにジョビンとは<Urubu>の前にも1973年の<Mattita Pere>(Verve)をはじめいくつかのアルバムで組んでいますが、どれも傑作だと思います。
 <Urubu>に話を戻しますが、2曲目<Ligia>、3曲目<Correnteza>、4曲目<Angela>と美しい歌が続きます。後半は歌抜きのインスト曲が4曲ですが、これもジョビンとオガーマンの音楽の方向性がバッチリとハマっていてとても素晴らしいです。
 <Urubu>は全体的にボサノバ的な軽やかさよりも、少し重めな音楽たちではあるかもしれませんが、その潤い溢れる響きとメロディの美しさはこの上ないものだと僕は思います。f0306605_154423.jpg
 
[PR]
by ohayashi71 | 2014-03-02 01:56 | はしやすめ


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧