<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第15回:シューマン/ソナタ イ短調 Op.105

 学生時代のこと、僕はオーボエを吹いていました。まあ、大学でオーケストラのサークルに入ってから始めて、ほぼその4年間しかやっていなかったので大して上達はしませんでしたけれど。
 サークルの同じ回生で、楽器経験のある連中の話を聞くと、自分の楽器の関わっている曲をみんなよく知っている。協奏曲とかソナタとか小品とか。そういう曲はレッスンとかでも教わっていたんでしょうし、もちろん自分の興味もあるからなんでしょう。でも、僕は実際にオーボエを始めるまでオーボエのための、もう少し言えばオーボエがメインになる曲をそんなに知らなかったのです。モーツァルトのオーボエ協奏曲ハ長調K.314やオーボエ四重奏曲ヘ長調K.370の存在はさすがに知っていましたけれど、かといってゆくゆくは一節でもちゃんとさらって(=練習して)吹いてみたいな、とはあんまり思っていなかったのですね。そんな調子だから当時は有名なオーボエ吹きにしても、ハインツ・ホリガーとあと一人二人ぐらいしか名前を知らなかったはずです。
 そういう状態は、そもそもオーボエがメインで有名な作品がそう多くはないしなあ、と思っていたことも影響していたのかもしれません。当然丁寧に見ていけばそういう曲はちゃんとあるのですが、あんまりそこを意識的に追いかけようとしなかったのです。オーボエは好きでしたが、聴く側としてはオーボエだけにこだわらず、どんなジャンルでもOKという感じでレパートリーを広げていた時期でもあったので。
 それで、大学の4回生の時だったのか、社会人1年目の年だったのか、そこははっきりしていないのですが、とにかくその頃、そんな僕でもつい気になって購入したオーボエがメインのCDがあります。ローベルト・シューマン(1810~56)のいくつかの作品をヨーゼフ・キシュというハンガリー人のオーボエ奏者と、同じくハンガリー人のピアノ奏者、イェネ・ヤンドーが演奏したCD(Naxos)
です。そこに収録されていたのは<民謡風の5つの小品Op.102><幻想小曲集Op.73><3つのロマンスOp.94><アダージョとアレグロ 変イ長調Op.70>、それに<ソナタ イ短調Op.105>と記された曲でした。実はその頃でも、ホリガーがアルフレード・ブレンデルと組んでシューマンの曲だけを取り上げたアルバムが出ていたのですが、最後の<ソナタ>だけがよく分からない。そもそもシューマンが書いたオーボエとピアノのためのオリジナルな作品は<3つのロマンスOp.94>ぐらいしか無かったと思います。上に書いた他の曲は元はクラリネットであったりホルンであったりチェロのために作られたものです。
 とは言え音色が変わることによって、もともとシューマンが意図したであろう作品のイメージとは違ってくるのかもしれませんが、その一方で旋律の聴こえ方も良い意味で変わってきます。オーボエという楽器は例えばクラリネットやフルートに比べると運動性に劣るとされており(それはあんまり早いフレーズを演奏することが難しいという意味なのですが)、また演奏できる音域も決して広くはありません。しかしオーボエの持つくっきりとしていながら哀愁を帯びた独特の響きが、シューマンの音楽に含まれている、ある種つつましい雰囲気にうまく合っているのではないか、ということなのです。
 キシュとヤンドーのCDを最初から聴いていくと、僕は実際そう思ったのですが、このCDの最大の魅力は最後の<ソナタ>にあるように思えてきました。ここで取り上げられている<ソナタ>の原曲は<ヴァイオリン・ソナタ第1番イ短調Op.105>です。ヴァイオリンのためのソナタとしては超メジャー曲、という訳ではありませんが、シューマンらしい佳曲で、ギドン・クレーメルとマルタ・アルゲリッチのコンビをはじめ、いくつかの録音が出ています。オーボエだとヴァイオリン・パートをそのまま演奏するのは無理なので、キシュは細かい音を多少省いたり、オクターヴの調整はしていますが、ほとんどの部分では原曲のとおり演奏しています。正直なところ、僕はヴァイオリンでの演奏よりもオーボエの方がしっくりくる気がしています。シューマンの<オーボエ・ソナタ>ですよ、これは。暗く哀調のある旋律的冒頭から強い葛藤へと続いていく第1楽章、その緊張を一旦収束させる第2楽章、動きと情熱のこもる第3楽章のどれもがオーボエには、いえまあ一応オーボエにも、と書いておきますが、とにかくピッタリなのです。
 その意味で、もっともっとこのオーボエ・ヴァージョンの演奏が広まっていも良いのになあ、と僕は思うのですけれど。f0306605_271575.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2014-04-16 02:11 | 本編

第14回:ウォルトン/ヴィオラ協奏曲

 マイブーム、というのは確かみうらじゅんが作った言葉で、流行語大賞も取ったはずです。
 僕も結果的にいろいろなマイブームの積み重なりで、今のような音楽の趣味性を持つことになった訳ですが、そのブームのひとつにウォルトン・ブームというのがありました。19歳ぐらいから24歳ぐらいの間がピークだったと思います。
 ウィリアム・ウォルトン(1902~83)は20世紀のイギリスを代表する作曲家ですが、多分僕がクラシックを聴くようになった1980年代前半は、日本では未だそんなにレコードが出回るような扱いではなかったはずです。僕が彼の音楽を初めて認識したのは、ちょっとしたケガで1週間ばかり入院した中学3年の初夏でした。実際、大したケガではなかったので、まあ正直ヒマを持て余していたのですが、とりあえずラジオでクラシック番組を聴いていました。その中でたまたま耳にしたのが、ウォルトンのヴィオラ協奏曲でした。細かい所は全く覚えられませんでしたが、とにかく何だか僕の感覚にマッチした作品だということだけは記憶しました。それでレコードが入手できるかどうかを調べたのですが、どうやら当時廃盤になってしまっており、結局中学と高校時代には再びそれを聴くことは出来ませんでした。
 大学に入って関西に出ると、僕は京都や大阪辺りで輸入盤も扱う大きなCD店に頻繁に通うようになりました。今でもそうなのですが、CDの背が並ぶ棚を眺めるのが楽しくて、下手をするとその店のクラシック・コーナーの棚を全部見ることはしばしばで、しかも「これを買おう」と決めて行くことはほとんどなくて、「何か面白そうなものは無いかな~」と思いながら眺めるので、余計に時間がかかる。しかもお金は持っていないから、財布と相談した挙句、1時間ばかり店内をうろついた後、何も買わずに帰ることもよくありました。だからお店の人からすると本当に「イヤな客」だったろうと思います(笑)。
 脱線しました。
 で、ある時大阪心斎橋のお店に行くと、数年探し求めていたウォルトンのヴィオラ協奏曲のCDに行き当たりました。「おおっ!」と思いましたね。カップリングはやはりウォルトンのヴァイオリン協奏曲。しかもどちらの協奏曲も同じ奏者が楽器を持ち替えて演奏しているらしい。珍しく迷うことなくレジ行き決定です。
 ナイジェル・ケネディのヴィオラとヴァイオリンで、アンドレ・プレヴィン指揮のロイヤル・フィルの演奏したディスク(EMI)でした。
 帰って早速聴きましたが、中学時代の非常に薄い記憶が間違っていなかったことを確かめることが出来ました。つまり、とても素晴らしい作品だったということ。
 ヴィオラ協奏曲はウォルトンが27歳の年にあたる、1929年に発表した曲です。最初に献呈しようとしたヴィオラ奏者が演奏を拒否したためにしばらく初演が宙に浮いてしまったそうです。そんなウォルトンを救ったのがやはり20世紀を代表する作曲家で、ヴィオラ奏者としても活躍したパウル・ヒンデミット(1895~1963)でした。そしてヒンデミットを独奏に迎えた初演は大成功を収め、ウォルトンは彼にこの曲を献呈しました。
 1920年代というと、アメリカのジョージ・ガーシュウィン(1898~1937)の<ラプソディ・イン・ブルー>(1924年)に代表されるように、ジャズやポピュラー音楽などの語法とクラシックとを結び付けることで、新しい表現を追求する作曲家も現れた時期に当たります。ウォルトンも形式感のある伝統的なスタイルを採りつつ、そこにスパイスの効いた響きやリズムといった新しい書法をロマンティックな雰囲気と並立させる独特な音楽を書いていきました。
 ヴィオラ協奏曲はそのそれぞれのバランスが最もドンピシャに決まった作品ではないでしょうか。僕が中学生の時にピンときたのは恐らく諧謔的(=スケルツォ的)で運動的な第2楽章だったのだろうと思います。ヴィオラという、一般的には「渋い」とされる楽器が、むしろその渋さをカッコよさに置き換えているのが、この第2楽章です。緩やかなテンポでセンチメンタルに始まって、次第に速まり熱を帯びていく様が素敵な第1楽章と、後半に大きなヤマを築き上げるまでの道のりが「渋カッコいい」第3楽章もまた素晴らしいと思います。以前にここで取り上げたエドワード・エルガーが貴族的な英国紳士だったとすれば、ウォルトンはちょっと皮肉屋の側面も持つウィットに富んだイギリス人という感じです。
 ヴィオラ協奏曲という物珍しさ(あとはベラ・バルトークの協奏曲ぐらい)だけでなく、そんなことを言わなくても名曲に挙げられるべきだと思います。
 ケネディ&プレヴィン盤以来、いくつもこの曲のCDを僕は聴きました。ウォルトン自身が指揮台に上がった録音も何種類かありますが(①リドル/②プリムローズ/③メニューイン)、それらはまあいわゆるコレクターアイテムでしょう。ヒンデミットの録音があったら是非聴いてみたいところですが、残念ながら無さそうです。その他に、世界的なヴィオラ奏者でウォルトンの生誕80歳記念の演奏会でウォルトン本人からも絶賛された経験もある今井信子の録音(ジャン・ラタム=ケーニヒ/ロンドン・フィル:Chandos)や、おなじみのユーリ・バシュメットの録音(プレヴィン/ロイヤル・フィル:RCA)等もありますが、まあ僕はケネディ&プレヴィン盤が今でもいちばんの愛聴盤です。付け加えておくと、プレヴィンはウォルトンのスペシャリストで、彼のウォルトン録音には名盤が多いのです。
 ついで話ですが、僕のウォルトン・ブームは社会人になってもしばらく続きました。その最初の職場の広報誌で僕がウォルトンのヴィオラ協奏曲を傑作扱いで紹介したら、ある時吉田秀和さんから「ウォルトンの協奏曲がいいっていう人も居るんだね」という感じのことを面前で言われたことがあります。その時は「あれ、お嫌いだったのかな」と思ったものですが、数年後の<名曲のたのしみ>でバシュメット&プレヴィン盤をご紹介されていたので、まあホッとしたものです。因みに、その放送回は文字起こしされて、去年小学館から出た<名曲のたのしみ、吉田秀和>の第3巻にも収録されています。
 最後に、おまけでウォルトンのヴァイオリン協奏曲について。これはかの名人、ヤッシャ・ハイフェッツに委嘱されてウォルトンが書いた作品ですが、こちらはハイフェッツの怜悧な弾きっぷりにピッタリな技巧的にも難曲な作品。ケネディ&プレヴィン盤も良いのですが、ハイフェッツ&ウォルトン/フィルハーモニア管の組み合わせによる録音(RCA)が抜群に素晴らしいと僕は思っています。
f0306605_251542.jpgf0306605_245563.jpgf0306605_242543.jpg








(L→R:ケネディ&プレヴィン盤初出/ケネディ&プレヴィン盤収録の現行盤(ウォルトン作品集)/今井信子&ラタム=ケーニヒ盤)

[PR]
by ohayashi71 | 2014-04-09 02:12 | 本編

第13回:バッハ/ゴールドベルク変奏曲 BWV.988

 今回は定番中の定番(定盤)で。
 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685~1750)の作品のCDで僕がいちばん最初に購入したのはグレン・グールド(1932~82)が1981年に録音した<ゴールドベルク変奏曲>(Sony)でした。まずFMで曲を知って、それでガイド本か何かで薦められていたもの、というこ流れでそのCDを手にしたのではなかったかと記憶しています。
 当時出ていたソニーの名曲名盤シリーズに含まれていたそのCDの値段は3,000円でした。当時は
品番を見ただけで値段も分かるぐらい簡単な番号付けだったので。このグールドのCDは30DC何とかでしたね。
 およそ50分ほど要したグールドの演奏は、まだクラシック音楽を聴き始めてそんなに時間も経っていない子供でも「なるほど、これが名演か」と思えるぐらい、個性的であって、凄いなと納得させられる演奏でした。冒頭のアリアの低音部に主題が現れてそれが次々と変奏されて…、と解説には書かれますが、実際のところ形式を追うような聴き方をしなくても、緩急(テンポだけでなく強弱の出し入れも含め)の付け方が実に鮮やかで、その上、高音部と低音部の音たちの連なりやぶつかり合いのさまが非常にスリリングに聴こえてくるのです。そうして30のさまざまな変奏を繰り広げた後に、最後にまた冒頭のアリアが帰ってきて全曲が閉じられるのですが、そのアリアの深い呼吸ぶりが美しい余韻となっているのです。
 ただ、僕の買ったCDはその50分間でトラックがたったひとつきりでした。それはさすがに今となっては困りものではありますが、恐らく最近出ているものはちゃんと変奏ごとにトラック番号が付されているはず。
 さて、グールドというピアニストが非常に興味深い人物だった、ということは僕も次第に知ることになりました。大学1回生の時に、クラス(一応、美学とか芸術学の専攻だったのですが)の全員がそれぞれ何かを発表することになりました。僕は当然音楽について。それでアントン・ヴェーべルン(1883~1945)あたりでも、と何故か思ったのですね。若気の至りです。でも、分かっていないなりでも、あの点描的で超絶的な音空間は凄いなと。で、発表するのにやっぱり皆さんに音も聴いて欲しかった。それでCDを自分で準備することにしました。その時に購入したのが、グールドが若い頃(1957年)に演奏旅行でモスクワを訪れた際に音楽院で行ったレクチャー・コンサートを録音したCD(Melodiya)でした。それはヴェーベルンの<変奏曲Op.27>やアルバン・ベルク(1885~1935)の<ピアノ・ソナタOp.1>といった20世紀の作品たち(それらは当時のソ連という国家では演奏自体が本当は禁止されていましたが)が前半に演奏され、後半にバッハという流れのものでした。
 クラスの発表ではヴェーベルンを使ったのですが、随分引かれました。ドンびきでした(笑)。まあ、それはそれとして、そのモスクワ・ライヴのバッハがまた素晴らしかったのです。<フーガの技法BWV.1080>と<ゴールドベルク変奏曲>の自由な抜粋を彼は弾いていますが、その軽やかで自在な演奏ぶりがとても素晴らしいのです。録音を聴いていても、明らかにバッハ後の方の聴衆の反応が良い。
 カナダでは有望な若手として知られていたグールドが国際的な評価を受けるようになったのも<ゴールドベルク変奏曲>の録音でした。それは1981年録音を新盤とした場合に旧盤と呼ばれるもので、1955年録音のもの(Sony)です。81年盤が楽譜上の繰り返しをやったりやらなかったりしているのに対し、55年盤は全部スルーしており、それが早めのテンポと相まって一気呵成に聴かせてくれます。より濃厚な81年盤も良いけれど、55年盤の軽やかさや勢いもまた圧倒的なのです。
 グールドのスタジオ録音は1955年と81年の2種、それから上述のモスクワ抜粋盤の他にライヴで全曲演奏したディスクがいくつかありますが、やはり「グールドのゴールドベルク」という別格の扱いにしても良いのだろうと僕は思います。
 もちろん、本来<ゴールドベルク変奏曲>に限らず、バッハであればチェンバロで弾いた方が、よりバッハ自身の意図した音楽に近いのかも知れません。ただバッハの音楽の持つ可能性を追求しようとした時に、ピアノで演奏することはアリでしょうし、その意味でグールドはひとつの極点に到達しているのではないかと。基本、彼は技巧家であり、ロマンティストであり、でも醒めた感覚も持ち合わせており、それらが相対する作曲家によってバランスを変えてくるのですが、バッハは非常に絶妙にハマっていると思います。
 あと、グールドのレコードをまだ聴いたことがない方のためにひとつお知らせを。グールドは結構な量の録音を遺していますが、彼は大概ピアノを弾きながら自分でも歌っており、それがかなり聴こえてきますので、最初は驚かされるかもです。まあ、キース・ジャレットの奇声ほどじゃないかも知れませんが。
f0306605_044382.jpgf0306605_0461630.jpgf0306605_046523.jpg
(左から1981年盤/モスクワ盤/1955年盤)
[PR]
by ohayashi71 | 2014-04-02 00:53 | 本編


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

画像一覧