<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第41回:スメタナ/弦楽四重奏曲第2番 ニ短調

 ベドジフ・スメタナ(1824~84)というと。
 と、書き出すと前にやったバーバーの回と同じ感じになってしまうのですが、それはそれとして。でも、スメタナと言えば、やっぱりまずは交響詩<モルダウ(ヴルタヴァ)>になるのでしょう。今はどうか知りませんが、僕が中学生の時には音楽の授業で、<モルダウ>の主題旋律に歌詞が付いた合唱曲を歌った記憶があります。「いいメロディだなあ」と当時も思いましたし、同じ頃には原曲もレコードで頻繁に聴いて楽しんでいました。
 ご存じのとおり<モルダウ>はスメタナが晩年に取り組んだ連作交響詩<わが祖国>の1曲で、他の5曲の交響詩もとても素晴らしい音楽で、スメタナの代表作と呼ぶにふさわしい作品だと思います。
 スメタナは「チェコ国民音楽の祖」と言うべき存在で、<わが祖国>の他にも名曲をいくつも遺しています。
 例えば1866年に初演された歌劇<売られた花嫁>。チェコの民俗音楽の要素がたくさん含まれていて、劇中に何曲か登場する舞曲はどれも楽しい気分になります。またこの歌劇の序曲の軽妙なスピード感は僕の大好物です。
 また室内楽作品。1855年の<ピアノ三重奏曲 ト短調>や1876年の<弦楽四重奏曲第1番 ホ短調 わが生涯より>はスメタナを襲った不幸(娘の死や彼自身の耳の疾患)をきっかけとして成立した作品であり、そこで描かれた悲劇的な表現は、音楽としても十分に共感出来るものだと思います。特に<わが生涯より>の第4楽章の終わりで突然現れる第1ヴァイオリンの高音(ミ)はスメタナの耳鳴りを表現したものとされており、ショッキングでさえあります。
 スメタナは晩年に両耳の聴力を失ったばかりか、その後、精神状態が悪化することで彼の生命は奪われることになります。そういう状況だった最晩年(1883年)のスメタナが完成させたほぼ最後の作品、それが<弦楽四重奏曲第2番 ニ短調>です。
 この第2番は<わが生涯より>の続編という捉え方もあるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。ただ僕にはこの曲の「整わなさ」加減が尋常でないように思えて、その意味で前作よりも更に好きな、いや、気になると言った方が良いのでしょうか、とにかくそういう存在なのです。
 「整わなさ」。それは「収まりの悪さ」と言っても良いでしょう。最初の3つの楽章が明快な形式に当てはまらない状態であり、また最後の第4楽章にしても何だかはっきりとした印象を残したまま全曲が閉じられるように見えることから来るもの、と言えば良いでしょうか。<わが生涯より>が最後のミの音をクライマックス(マイナスの、でしょうが)とするようにしっかりと構成されているのに対し、第2番はそういう「起承転結」的なかたちにはなっていません。
 とは言え、それぞれの楽章の中で楽想やテンポがしばしば交代することで生じる激しい緊張や葛藤の壮絶さは「整わなさ」や「収まりの悪さ」を超えて、その表現の強さ自体が聴き手に迫ってくるものだと僕は思っています。第1楽章冒頭で4つの楽器により激しく上昇していく部分。それを受けて、その後次第に高揚し、頂点で一気に大きな流れとなって走り出す部分(僕はここで時々感極まりそうになることがあります)。また、第3楽章でしばしば場を脅かすように現われるトレモロのフレーズなど、ある種、生の感情の爆発を目の当たりにしているような気持ちになるのです。
 ディスクのこと。<わが生涯より>はいろいろと出ているのですが、こういう音楽のせいなのか、第2番は意外に見当たりません。しかし、作曲者の名前を冠したチェコの往年の名グループ、スメタナ弦楽四重奏団の録音でもう十分なのかも知れません。多分入手しやすいのは1976年録音のDenon盤(日本コロムビア)でしょうが、1962年録音のSupraphon盤(日本コロムビア)も優れた内容だと思います。
 ところで、このスメタナの第2番に似た印象を受ける音楽があったなあ、と思っていたらレオシュ・ヤナーチェク(1854~1928)の2つの弦楽四重奏曲を思い出しました。
f0306605_124026.jpg
[PR]
by ohayashi71 | 2015-09-02 01:24 | 本編 | Comments(0)


いつもコンサートの解説をお願いしている若林さんに、毎月オススメのCDを伺います!


by ohayashi71

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
本編
はしやすめ
未分類

以前の記事

2017年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月

お気に入りブログ

最新のコメント

まあ、クラシック(的な音..
by ohayashi71 at 22:38
若林さんの「ガッツポーズ..
by がつん at 21:48
あー、あのboxですね。..
by ohayashi71 at 23:50
トータルブレインで紹介さ..
by はなやもも at 18:36

メモ帳

検索

画像一覧